専業主婦が即日融資でお金を借りる方法

MENU

専業主婦でも即日融資は可能ですか?

家事育児に忙しく、収入がないという専業主婦でも急な出費でお金が必要になるという事態があります。
しっかり貯金できていれば問題ありませんが、中には額が大きくてお金が用意できないというケースがあると思います。
そんな時に利用することができるのが、キャッシングやカードローンです。
急いでお金を用意したい時に利用出来る即日融資はあるのか、どんな選び方をしたらいいのかなどをきちんと知ってから利用することがオススメとなります。
現在のカードローンは簡単な手続きで、お金が借りるようになっています。
一般的な流れとしては、インターネットからの申し込みのほか、電話やFAX、窓口などで申し込みます。パソコン以外にもスマートフォンや携帯電話からでも申し込みができるため、家事の間に申し込むことが可能となっています。
カードローン会社によって審査され、問題がなければ融資が可能となり、通常初回は銀行振り込みで即キャッシングが可能となります。
身分証明書などの書類は、現在は借り入れの本人確認書類つまり運転免許証や健康保険証、パスポートなどや契約書類などもWEB上でやり取りが可能となっています。書類の提出方法も簡単で、携帯電話やスマートフォンで本人確認書類の写真を撮ったら、それを専用サイトにアップロードしたりスマホアプリで送信だけで確認してもらいます。
審査時間にもよりますが、借り入れを申し込んでから最短で1時間程度で口座にお金を振り込んでもらえます。
申し込んだ時間帯や曜日によっては翌日以降になってしまうこともありますが、インターネットを使って申し込めば基本的に対応は早く、急いでお金が必要な時には便利となっています。

 

気になるのは、収入がない専業主婦でも融資してもらえるのか、ということだと思います。
カードローンの審査では収入の安定性が重視される子傾向があるため、収入がない主婦の場合はどうするのかはとても気になる部分です。
そこで、専業主婦が借り入れる時に2種類の対応をされます。
まず、対応されるのが配偶者の収入によって審査される「配偶者貸付」です。
配偶者というのはパートナーつまり、夫または妻の収入です。専業で主婦または主夫を行っている場合家計収入を基準にして融資額や限度額、金利などを決定しています。
融資希望額によっては、配偶者の収入証明書が必要となってくる場合もあるため、きちんと用意しておくことをオススメします。
もう一つの種類としては、収入証明書が不要なカードローンもあります。配偶者の収入証明書も必要なく、審査スピードが早いのが特徴です。
配偶者の収入と主夫の収入を合わせた額が世帯収入となりますが、二人で借りられるのは総量規制によって世帯収入の3分の1が上限だと決められています。
専業主婦の場合は世帯が基準となって審査されるのが一般的であり、通常のカードローン審査と同様に自身の個人信用情報も参照されます。過去の支払い状況や他者の借り入れ状況などを調べられた上で融資されるかどうかが判断されます。

 

カードローンには消費者金融系と銀行系の二種類を選ぶことができます。一般的には消費者金融系の方が借りやすいというイメージですが、主婦の場合には銀行系の方が借りやすいケースが多いとされています。
消費者金融系の場合借りるための前提が安定した収入があるということが、申込条件となっています。つまり収入のない主婦は利用できないようになっているのです。これは主婦を差別しているのではなく、貸金業法という法律の総量規制に基づいているためです。総量規制とは年収の3分の1以上の貸付はできないということであり、年収が0円の人には貸すことができない法律になります。
対して、銀行系は貸金業法による総量規制対象外となっています。収入がない人に貸すのは法律上問題はなく、中には無収入である専業主婦専用のカードローンなども用意している銀行もあります。
つまりお金を借りたい主婦を歓迎しているので、非常に借りやすいカードローンとなっています。もちろん審査があり、誰もが借りることができるというわけではありませんが、消費者金融系よりも借りやすくなっています。
銀行系になると手続きや契約で時間が掛かる、というイメージを持つ人も多いとおみますが、近年ではインターネットを使った手続きや取引、審査時間が早くなっており、提携ATMも多いことから消費者金融並みに便利になってきています。

 

中には配偶者にバレずに借りたい、という人もいますが、収入証明書が必要な時にはパートナーの収入証明書が必要となってきます。
また、商品によっては配偶者の同意書が必要となるケースもあります。さらに審査の時に配偶者の勤務先に在籍確認が行われることもあります。このような場合には配偶者に全く知られずに借りるということは難しいためきちんと相談してから借りることをオススメします。
きちんと返済計画を立てて借りることも大切です。

このページの先頭へ