専業主婦が総量規制外でお金を借りる方法

MENU

専業主婦必見!総量規制対象外で借りれるカードローンとは

急にまとまったお金が必要になることも多く、人生を長く送っていると何かしらのアクシデントやイベントに遭遇することがあります。こんな時には現在では消費者金融という会社の数々が営業をしているので、簡単便利にキャッシングをすることができます。

 

しかし、消費者金融の場合では総量規制というものが定められており、一般的には年収の3分の1までしかキャッシングすることができません。例えば年収が200万円の方のケースでは、約66万円までしか借りることができない計算です。

 

人によってはこの額面では不足していたり、もっと高額な資金を借りることを検討している場合では不都合を感じてしまいます。さらに、消費者金融の場合では仕事をしていて定収入がある方を対象にしているので、専業主婦の場合では、そもそも申し込みすることができずに、当然ながら審査を通過することができません。専業主婦の方がお金を借りることを希望している場合、このような消費者金融を使うことができないので、他の手段を探す方も多いものです。

 

現在では便利に利用できるものがあり、専業主婦の方がキャッシングするには銀行で提供しているカードローンを利用する方法が用意されています。銀行の場合では貸金業者とは違い、総量規制対象外とされていることに注目できます。申し込みする人物やスペックによって違いはありますが、800万円までを上限としている銀行も多く、比較的多額な資金を必要とする際には非常に利便性を感じられます。

 

一般的な方ならば十分な限度額になりますが、収入が高い方のケースではさらにアップさせることも不可能ではありません。一般的に銀行のカードローンであっても、定収入を得ている方を利用できる範囲として限定をしています。銀行によってはアルバイトやパート勤務を行っている正社員以外の方でも、一定の収入があれば審査を通過することは可能です。専業主婦の方のケースでは、その中に該当しないことになり、基本は収入がゼロ円の方を指しています。

 

ところが、多くの銀行では配偶者が十分な収入を得ている場合では、収入がゼロ円の主婦でも審査を通過させることは十分に可能です。申し込みを行う銀行で一定の条件を設けている場合もあり、例えばその銀行の口座を開設しているご家庭を対象にしていたり、貯蓄額をチェックしたり当然ながら配偶者の得ている収入、そして勤務先となる会社の信用度などもチェックされるケースが目立ちます。

 

審査については銀行でのカードローンは敷居が高いものと判断している方もいますが、実際には普通のサラリーマンのご家庭で、定収入を得ていて、一定の期間を勤務している方、多重債務をしていない方や、過去にいわゆるブラックリスト入りになっていない方であれば、殆どのケースで審査は問題なく通すことができます。所有している通帳の銀行で申し込みを行う方法もありますが、インターネット上などで調査を行い、金利や特典などを含めてより良いカードローンを利用したい方のケースでは、該当する銀行の口座を前もって作っておくことも一つの方法です。

 

総量規制対象外のカードローンの場合では、様々なメリットがあり、1社にて希望する借入れを行うことができる他に、無理な借金をしてしまうことが無いように借入れを済ませられます。何より専業主婦で収入が無いという方であっても配偶者次第でカードローンを利用することができる唯一の方法なので、お金の工面に苦労していたり、必要としている買い物などが沢山できてしまった場合でも便利にキャッシングできる方法として推奨できます。

 

金利は比較的低めに設定されていることも嬉しい条件になり、現在では申し込みについてはネット上でも完結させることも可能です。保証人や担保なども必要としていないので、普段使える資金が足りなくなってしまった際には非常にお得で便利なカードローンになります。近親者や友人などからお金を借りることについては、何かとトラブルになってしまうことが多く、一般的には多額のケースではお金を調達することが難しいものです。

 

主婦の方ならば消費者金融は利用することができないので、やはり総量規制対象外の銀行のカードローンを作っておくと後々にお金に纏わるトラブルを無くした生活を送ることができます。肝心なことは総量規制対象外というメリットがありますが、その反面、借り過ぎには十分に注意をすることが必要です。各ご家庭の資産や得ている収入等を十分に考えて、返済能力を見極めて借りることが基本になります。取り敢えずはこのようなカードローンでは専業主婦であっても十分に審査対象になり、実際に利用されている方も全国的に多数存在している状況なので、便利な借金の方法として推奨できます。

 

気になる方はウェブサイトから各銀行で提供しているカードロンの内容を十分にチェックした上で、最適に感じる銀行を利用することが失敗しない方法です。

このページの先頭へ