専業主婦でも借入できる配偶者貸付とは?

MENU

専業主婦でも配偶者貸付で借入れできます

専業主婦がお金を借りる際に利用するカードローンには、銀行系と消費者金融系がありますが、消費者金融系カードローンは貸金業法で定められた法律により、収入が証明できない専業主婦では借入ができません。

 

カードローンを利用してお金を借りる必要がある専業主婦のほとんどは、旦那や家族に内緒で借りたいと思っている人が多いため、銀行カードローンでの審査申込みが多いんですが…

 

旦那さんに、ちゃんと相談できるのであれば「配偶者貸付」を利用して消費者金融で申込み審査を受ける事が可能です!

 

配偶者貸付とは?

配偶者貸付は収入がない専業主婦であっても配偶者(旦那)の同意を得ることができれば、夫婦の年収を合算した年収の1/3の金額まで借入れできる、貸金業法で認められているお金を借りる方法です。

 

なので、専業主婦を例にすると個人には収入がないが、旦那の年収が450万円だった場合には、その年収の1/3にあたる150万円が2人の借入上限金額になります。

 

配偶者貸付の公式

 

あとは上記で算出された上限金額から、旦那さんがすでに借入れをおこなっている場合は、その金額分をマイナスすれば「いまいくらまでならカードローンで借入れができるのか?」がわかります。

 

なので、普段の生活のなかで生活費やお金のやりくりについて、しっかり配偶者と相談できている専業主婦の方は、ぜひ配偶者貸付を使ってカードローン申込みをしてみましょう。

 

配偶者貸付に必要な書類

配偶者貸付には通常の、申込み必要書類とはべつに、下記の書類が必要になります。

 

収入証明

【下記@〜Eのうちいずれか1点のコピー】

 

@給与所得の源泉徴収票 A給与明細書 B所得税の確定申告書
C納税通知書 D年金証書 E年金通知書

 

■専業主婦の場合
 配偶者様の収入証明書

 

■申込者様と配偶者様の収入を合わせて借り入れをご希望の場合
 申込者様と配偶者様それぞれの収入証明書(上記参照)

夫婦関係証明書
(婚姻関係証明書)

【A4サイズコピー】
住民票写し
※発行日から3ヵ月以内(発行日の記載されているもの)
※本人と配偶者の「氏名・住所・生年月日・続柄」が記載された住民票写し
本籍やその他のご家族様の情報につきましては必要ありません。

 

※個人番号(マイナンバー)の記載がない書式のものを用意
個人番号(マイナンバー)の記載がある書式で送る場合には、個人番号が見えないよう黒く塗りつぶす必要がある場合があります。

配偶者貸付契約書 申込みをおこなうカードローン会社によってことなります。ネットから申込みが完了したあとに問い合わせが必要な場合は、問い合わせしてください。

 

最後に

お金を借りる場合に、専業主婦が消費者金融を利用するための、配偶者貸付についてご紹介しました。

 

夫婦・家族の場合には、家族の報連相が大事だとおもうので、困ったときはお互いしっかり相談をして、無理のない範囲での貸付をおこなうようにしましょう!

 

どうしても相談は難しいという専業主婦の方は、専業主婦でも借りれるカードローンを下記ページでご紹介しています。

 

専業主婦向けカードローン一覧

このページの先頭へ